(5)春日大社   :#砂ずりの藤  #釣灯籠

IMG_8741201805016.jpg
江戸時代まで神職の詰所であったという「藤波之屋」  撮影日時:2018/05/04 14:13:07


今年のゴールデンウイークも三田市に住む姉との小さな旅です♪
(1)「野外彫刻展」へ  :#野外彫刻展 #嵐電(らんでん) #堂本印象美術館→コチラ
(2)きぬかけの路から :#仁和寺 #きぬかけの路→コチラ
(3)竜の絵を見に♪    :#妙心寺 #雲龍図 #狩野探幽→コチラ
(4)鹿のいる風景 Landscape with deer   :#奈良公園 #興福寺 #鹿 →コチラ




興福寺の特別展の「運慶」をみたいという姉に諦めてもらい、
藤の季節が来るたびに行きたかった「春日大社」(→コチラ)に、ついに行ってきました

↓今年は御創建1250年!
IMG_8639201805016.jpg

「着いた〜」と思ったのが甘かったです。ここ「一之鳥居」から本殿は、ずっと先でした(^^;

ここも広い!!!

新緑と鹿を楽しみながら広い境内を歩き本殿に向かいます
IMG_8780201805016.jpg


ところが、楽しい気分は一気に、、、(ノ_<)
IMG_8669201805016.jpg

後でがっかりさせないよう、先にお知らせがありました。

ここまで来て帰るのもなんなので、先に進みました

↓やっと大宮(御本殿)です。「南門」
IMG_8677201805016.jpg

チケット(500円)を購入して入りました。
20180516213108014.jpeg
↑クリックで拡大します


↓手前は「春日神木」 樹種はクスノキ
IMG_8755201805016.jpg

春日大社(かすがたいしゃ)は、中臣氏(のちの藤原氏)の氏神を祀るために768年に創設された奈良県奈良市にある神社。旧称は春日神社。神紋は「下がり藤」。
全国に約1000社ある春日神社の総本社である。武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使とする。(wikipediaから)



↓「青榊神社(あおさかきじんじゃ)」争いを解決に導いて下さる神社
IMG_8696201805016.jpg


↓御本社をぐるりと取り囲む長さ約52mの東回廊、長さ約81mの西回廊には約800年にもわたって様々な人から奉納された「釣灯籠」が約1,000基あります。
元々は金色で、時が経つとともに色が変化していくそうです
IMG_8710201805016.jpg


↓戦国武将の直江兼続(→コチラ)も奉納されています!
IMG_8721201805016.jpg


ここで姉と「釣灯籠」はいくらぐらいかかるのかな、、という話で盛り上がりました。
見知らぬ方からも、いくらぐらいかかるんですか?と質問されました(^^; (知ってそうに見えたのかしら???)
記事を書くのに、ネットで調べると、「200万円から」だそうです(@_@) (→コチラ)


で、肝腎の「藤」は、
終わった証拠写真に、一応撮りました(涙)
もし咲いていたら、「砂ずりの藤は樹齢800年の古木で、花房が1m以上も垂れ下がることで知られます。」
IMG_8768201805016.jpg


おわり



都会の方には信じられない事かもしれませんが、私は生まれてはじめて「ICカード」を使いました。
20180516211948669.jpeg

姉に教えてもらい、おかげで乗り換えは超快適♪
三田に行く姫神バスのなかで750円を握りしめていたのが嘘のようです♪
帰りのバスもICカード「ICOCA」が使えました(^^)/
香川に帰れば「ことでん」でも使えるみたいです♪


旅の最後の一枚は、姉の家に咲いていた「勿忘草(ワスレナグサ)」
IMG_8591201805016.jpg
花言葉は「私を忘れないで」「真実の友情」


来年も元気で会って、またここに綴りたいと思います。
二人の小さな旅に、おつきあいいただきありがとうございました。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村に参加しています!応援ありがとうございます(^^)/



(4)鹿のいる風景 Landscape with deer   :#奈良公園 #興福寺 #鹿

IMG_8662201805014Buk20180514.jpg
撮影日時 2018/05/04 13:23:13




今年のゴールデンウイークも三田市に住む姉との小さな旅です♪
(1)「野外彫刻展」へ  :#野外彫刻展 #嵐電(らんでん) #堂本印象美術館→コチラ
(2)きぬかけの路から :#仁和寺 #きぬかけの路→コチラ
(3)竜の絵を見に♪    :#妙心寺 #雲龍図 #狩野探幽→コチラ




早くアップしないと5月が終わりそうなので、急いで奈良編です!
3日目は神戸からだと日帰りコースだという奈良へ行きました。姉はこの一年で3度目なので詳しいです♪
確かに神戸三ノ宮から近鉄奈良線で約1時間20分でつきました。
↓近鉄奈良駅前
IMG_8592201805014B.jpg

奈良公園(→コチラ)へは、歩いてすぐです。
公園内の大部分は芝生に覆われ、約1200頭に上る鹿が徘遊しています。

いた〜
IMG_8618201805014B.jpg


鹿は春日大社の神さまのお使いなので、奈良公園の鹿は古くから手厚く保護されています。

↓姉はすぐに鹿せんべいを買いましたが、おなかがおきていたようで(さぬき弁で満腹の意味)、食べませんでした。
 人に大事にされているからか、人なつっこく可愛いです
コラージュ台紙 - コピー20180514k


↓公園から興福寺(→コチラ)
コラージュ台紙 - コピー201805142231


国宝館には、奈良時代の阿修羅(あしゅら)像などがあります。
阿修羅は仏法を守護する8人の神、八部衆(はちぶしゅう)のひとり。三つの顔と6本の腕を持っています。
アスラ(Asura)の音写で「生命(asu)を与える(ra)者」

興福寺の阿修羅像は、光明皇后が息子の死をいたんで、子殿の姿の仏像を依頼をしたというからか、不思議な魅力があります。
姉は仏像を見るのが好きです♪

仏師たちは「何とかすさんだ人の心に平穏を取り戻せれば」そう思って、ひと彫り、ひと彫り、祈りを込めてノミを刻み、土をこねたことでしょう。
彼らにとって、自分が納得出来ぬ仏像を世に送ることは仏への冒涜になったので、満足のいく仏像を完成させるべく、自己の存在理由をかけ、全身全霊を込めてノミや木づちを手にとったのです。
傷つき疲れた魂の救済に、真摯、かつ、懸命に挑んだ名も無き優しい仏師たちです。引用「仏像の魅力」→★




↓お昼はお目当てのお店が満席だったので、茶店で「大仏うどん」を食べました。柿の葉寿司がセットになっています。
IMG_8650201805014.jpg
お揚げの中からは「カレー」がでて、カレーうどんになりました。意外性があり美味しかったです(^^)
麺はやっぱり、さぬきうどんが一番です!
柿の葉寿司は、さすが奈良がいいです♪ お土産にも買いました♪


春日大社まで鹿が遊ぶ道をさらに歩いていきます
IMG_8665201805014B.jpg

IMG_8621201805014B.jpg



春日大社の藤は、どうかなぁ、、、、、


次回が最終回です(^^)/



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村に参加しています!応援ありがとうございます(^^)/


(3)竜の絵を見に♪    :#妙心寺 #雲龍図 #狩野探幽

IMG_8532201805011.jpg
新緑に魅せられて
「妙心寺塔頭の大通院(だいつういん)」天正14年(1586)創建 。山内一豊と妻千代の御廟があります。(非公開)



今年のゴールデンウイークも三田市に住む姉との小さな旅です♪
(1)「野外彫刻展」へ  :#野外彫刻展 #嵐電(らんでん) #堂本印象美術館→コチラ
(2)きぬかけの路から :#仁和寺 #きぬかけの路→コチラ



「野外彫刻展」に行くため降りた「等持院駅」で、姉が竜のポスターを見つけました。
IMG_8396201805010.jpg

姉 「観たいとおもわん?」
私 「思う!妙心寺ってどこ、、、」
グーグルマップで検索して、仁和寺から向かうことにしました。

仁和寺では案内の方が、歩いて行けますよと、地図を示し、行き方を教えてくれました。
妙心寺までの路は、人通りも途絶えて静かな街並みでした。

妙心寺の北総門から入りました。
IMG_8530201805010.jpg

なんだかものすごく広い!!!
約10万坪、甲子園球場8個分だそうです。(この時は何も知りませんでした(^^;)
「妙心寺山内図」→コチラをごらんくださいね。
七堂伽藍を中心に46の支院塔頭があるそうです。
解説:塔頭(たっちゅう)とは、本寺の境内にある末寺院。塔中とも書く。塔は墓の意で、もとは高僧が寂すると、弟子がその塔の頭(ほとり)に小庵(しょうあん)を建て、墓を守ったことに始まる。

妙心寺(みょうしんじ)は、京都市右京区花園にある臨済宗妙心寺派大本山の寺院。山号を正法山と称する。本尊は釈迦如来。開基(創立者)は花園天皇。開山(初代住職)は関山慧玄(無相大師)。寺紋は花園紋(妙心寺八つ藤)。
日本にある臨済宗寺院約6,000か寺のうち、約3,500か寺を妙心寺派で占める。近世に再建された三門、仏殿、法堂(はっとう)などの中心伽藍の周囲には多くの塔頭が建ち並び、一大寺院群を形成している。平安京範囲内で北西の12町を占め自然も多いため、京都市民からは西の御所と呼ばれ親しまれている。(ウィキペディアから→コチラ




雲龍図があるのは「法堂」、拝観受付でチケット(500円)を購入。
ガイドさんの案内で入るので「大方丈」で時間待ちです。(写経体験をされる方がおられました。)

IMG_8536201805010.jpg


↓「法堂(はっとう)」の鍵がとかれ、中へ
IMG_8535201805010.jpg


↓撮影禁止なのでパンフレットから
IMG_8544201805010.jpg


見上げながら思い出しました
いつか観たいと思った竜の絵
どこのお寺だったか どなたの作かも忘れていたけど この絵です

狩野探幽筆「天井画雲龍図」

ガイドさんが『当時、絵具がなかったので、この絵は5色で描かれています。
墨と
白は貝を砕いたもの(胡粉ですね)
赤は植物からとったもの
青は石を砕いたもの(岩絵の具ですね)』
あと一色は聞けませんでしたが、
黄色かな、
三原色になって、いろんな色が表現できますよね。


龍を見上げながら、画力のなさを絵具のせいにしていた自分が滑稽に思えてきて爽快でした(^^♪


直径12mの円形の枠に描かれた龍は、どこから見上げてもこちらを睨んでいるように見えることから、別名「八方睨みの龍」と呼ばれています。見る位置によって龍が天に昇って見えたり、天から舞い降りてくるように見えたりとさまざまに変化します。
当時の住職から雲龍図を依頼された狩野探幽は、構想に3年、筆をとってから5年、あしかけ8年の歳月をかけて、55歳の時に完成させたそうです。


↓手前から、仏堂、法堂、大方丈(たぶん(^^;)
IMG_8550201805010.jpg

↓三門(左上)、浴室(右下)。浴室は明智光秀の菩提を弔うために創建されたもの。
2040コラージュ台紙 - コピー

IMG_20180511_0001.jpg
↑クリックで拡大します


妙心寺は日本最大の禅寺です。詳しくはHP(→コチラ)で


私が好きな写真ブログに、
知らずにスルーしてしまった「妙心寺 退蔵院」の写真がアップされているのをみて、またいつか行きたいなぁ〜と思いました。

開放的な境内ではワンコも散歩しています♪
IMG_8556201805010.jpg


さいごに妙心寺のHPから禅の教えを、

「ほとけ」の心の働きには「智慧」と「慈悲」があり、それは認許とも言い換えられます。自分とは違う相手を許し認め、自分とひとつとする「不生不滅・不垢不浄・不増不減」の空の価値観に立つおおらかな心のことです。
自他の距離と境界を越えるには、自分自身を空しくすることです。
禅とは、雀の啼き声を耳にしても障りなく、花の香りの中にあっても妨げにならず一如となれる、そういう自由自在な心のことです。





↓嵐電の写真から始まった京都の一日は、京都駅の列車撮りで終わりです(^^)
IMG_8580201805010B.jpg


つづく




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村に参加しています!
応援ありがとうございます(^^)/



(2)きぬかけの路から    :#仁和寺 #きぬかけの路

IMG_8510201805010.jpg
撮影日時 2018/05/03 14:16:47




今年のゴールデンウイークも三田市に住む姉との小さな旅です♪
(1)「野外彫刻展」へ  #野外彫刻展 #嵐電(らんでん) #堂本印象美術館→コチラ



野外彫刻展の「堂本印象美術館」から、きぬかけの路を通り「仁和寺」へ向かいました。
IMG_845720180507.jpg

金閣寺・龍安寺・仁和寺、京都市北西部の三つの世界遺産を巡る観光道路が「きぬかけの路」です。
その昔、宇多天皇が初夏に雪景色を見たいと衣笠山に絹をかけたという伝承にちなむ路なんだそうです。
沢山の人が歩いてる!

仁和寺に行きたかったのは、
プチ歴女なら何度も聞く、宇多天皇によって創建されたお寺であるからと、
6月に写真展をさせていただく古民家ギャラリーのオーナーがこの仁和寺の御室流の華道の先生!
私がいつもポチしながらみてる「にほんブログ村の写真ブログ」

にほんブログ村 写真ブログへ
こちらに「仁和寺」の桜やツツジのすばらしい写真がたくさんアップされていたからです(^^)/ 



テクテク歩き、仁和寺です(^^)/ 
20180509211544b4b.jpeg

↓道路に面する「二王門」と阿吽の二王像
コラージュ台紙201805092235

仁和寺(にんなじ)は、京都府京都市右京区御室にある真言宗御室派総本山の寺院。山号を大内山と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は宇多天皇。「古都京都の文化財」として、世界遺産に登録されている。

皇室とゆかりの深い寺(門跡寺院)で、出家後の宇多法皇が住したことから、「御室御所」(おむろごしょ)と称された。明治維新以降は、仁和寺の門跡に皇族が就かなくなったこともあり、「旧御室御所」と称するようになった。

御室は桜の名所としても知られ、春の桜と秋の紅葉の時期は多くの参拝者でにぎわう。徒然草に登場する「仁和寺にある法師」の話は著名である。当寺はまた、宇多天皇を流祖とする華道御室流の家元でもある。(ウィキペディアから)


↓重要文化財の「五重塔」
IMG_849920180509.jpg

↓宸殿(Shinden)の南庭
IMG_848620180509.jpg

↓御殿回廊
IMG_849520180509.jpg

↓北庭
IMG_850220180509.jpg


仁和寺の歴史や「御室桜」については、HPでご覧くださいね→コチラ



IMG_851620180509.jpg

もう少しゆっくりできればよかったけど、
どうしても見たいものができたので急ぎ向かいます(^^)/

それは嵐電(らんでん)の駅でみたポスターからはじまりました


つづく



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村に参加しています!
応援ありがとうございます(^^)/



(1)「野外彫刻展」へ    #野外彫刻展 #嵐電(らんでん) #堂本印象美術館

IMG_842220180504.jpg
水嶋康宣 Yasunobu Mizushima  
「トルソ Torso」   
W21×D19×H80  FRP Glassfiber reinforced plastic
『現代にあらわれた古代の出土品のように...』 
Like the ancient excavated items that appeared in modern times... 




今年のゴールデンウイークも三田市に住む姉との小さな旅です♪
昨年は、
(1) 「インフィオラータこうべ北野坂2017」
(2) 「神戸 異人館」から」
(3)「神戸南京町」は食べ歩きがおすすめ♪
(4)織田信長「燃えない船をつくれ!」 村上水軍vs九鬼水軍
(5)心月院から
(6)三田の散歩道 ~緑陰に憩う~


今年は、彫刻家の水嶋康宣さんからいただいた招待状をきっかけに、昨年は混雑が怖くて断念した京都に向かいました♪
友達からもゴールデンウイークの京都ではバスにも乗れないと脅されたので、京都府立堂本印象美術館の「野外彫刻展」に電車で行く作戦です。
IMG_0002b_20180320221701346 yagai  ←クリックで拡大します!


作戦は、私鉄で三田、JR宝塚線で大阪、JCR京都線で京都、JR嵯峨野線で太秦、嵐電北野線で等持院で下車
徒歩で会場に向かいます




京福電気鉄道嵐山本線は「らんでん」と呼ばれているそうで、「コトデン」みたいで一気にテンションがあがりました〜(^^)/
20180505012543f76.jpeg


車窓から雰囲気ある御室仁和寺駅を眺め、
下車した等持院駅のポスターに心惹かれ、次の目的地が決定(^^)
地元のご婦人に教えていただき、「R」のフラッグがはためく立命館大学の中を横切って会場に着きました!


↓「京都府立堂本印象美術館」(HPは→こちら
IMG_840920180504.jpg


↓「野外彫刻展」です!美術館の庭園で開催されています。
  堂本印象の作品だという美術館建築に、野外彫刻が対峙しています!
IMG_841020180504.jpg


↓作品のコラージュ
コラージュ台紙20180505

コラージュ台紙201805051934




冒頭画像、水嶋康宣さんの作品「トルソ Torso」について、 
作家さんご自身の言葉で語られていますので、→こちらをご覧くださいね。


堂本印象が主宰する画塾「東丘社」に日本画の先生が通っていることもあり、数年前に、香川に来た「堂本印象展」に行きました。私自身は、若い時代の作品に伸びやかな精神を感じます。
面白かったのは堂本印象自身で作ったというポスター。これは楽しい♪ 私が、学生時代に広告研究会だったからかも(^^)




「野外彫刻展」は本日が最終日17時までです。➡︎終了しました!
ゴールデンウィークも最後の一日、
お近くの方はぜひ京都府立堂本印象美術館庭園の「野外彫刻展」にどうぞ
「野外彫刻展」の入場は無料です!


会場には、作品画像入りの詳細なパンフレットを用意してくださっていますよ♪
(帰ってゆっくりパンフレットをみるといくつかの作品を見逃していました(-_-;))
↓クリックで拡大します
201805052001168ef.jpeg



お昼は仁和寺に向かう「きぬかけの路」の途中、「茶房竹林の里」で生湯葉をいただきました。
おなかに優しくておいしかった〜
IMG_845120180505A.jpg


つづく 



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村に参加しています!
応援ありがとうございます(^^)/



Thank you for comming.

作品展のご案内 
詳細は【作品展名】をクリックしてご覧ください!

【第17回SIC写真展】
会期:10/16~10/21
会場:さぬき市「21世紀館さんがわ」
IMG_20180919_0001.jpg

【写真道場「なんのき村 写真展」】
会期:10/16~10/21
会場:高松市美術館
IMG_20180902_0004.jpg

【キャノンフォトクラブ高松 第16回写真展】
会期:10/14~10/20
会場:高松市「瓦町FLAG 8Fギャラリー」
IMG_20180914_0001.jpg

【フォト・ラボK 作品展Part12】
アートとして香川を記録し続けるためのプロジェクト。今回が最終回です!
会期:10/13~10/26
会場:高松市サンポート シンボルタワー棟「情報通信交流館」
IMG_20181013_0001.jpg

【佐々木達郎 漆芸小品展】
会期:10/5~10/28
会場:高松市上福岡町「讃岐漆芸美術館」
IMG_20181010_0004.jpg


  もうすぐ開催です♪   
【水彩画グループ あすなろ 第11回作品展】
会期:10/17~10/31(無休ただし、臨時休業あり:電話087-841-6711)
会場:高松市円座町「クローバーカフェ」
2018100119421822e.jpeg

【The 3rd Art Summit on the 御山】
会期:10/20~11/11
会場:東かがわ市「白鳥神社 白鳥の松原 御山」
IMG_0001b_20180915144429208 923FS 1925
★井本英樹さん(→ブログ)、植本多寿美さん(→ブログ)、貴志勉さん(→ブログ)、水嶋康宣さん(→ブログ)が出展されています。

【浅野絵莉展 -いろめくうるし-】
会期:10/24~12/18 
会場:東京都中央区「日本橋高島屋S.C.本館2階アートアベニュー」

【第45回 高松市民美術展】
会期:10/25~10/28
会場:高松市美術館2F

【第5回 風景写真展】
会期:11/1~11/30(月・火は休み)
会場:さぬき市「カフェ・セゾン」

【四国新聞文化教室 合同写真展】
会期:11/1~11/11(火曜は休み)
会場:高松市「庵治・観光交流館市民ギャラリー」

【写団『北極星』 第6回写真展】
会期:11/6~11/18 
会場:さぬき市「21世紀館さんがわ」

【FIELD MUSEUM SA・NU・KI 2018】
会期:11/2~11/4 10時〜16時
会場:東かがわ市引田2163「讃州井筒屋敷」

敬称略、ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。
迷い犬・猫情報、里親募集!
ヘルプマークを知っていますか
義足、人工関節、内部障がい、難病、妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としていることを知らせるマークです。
 helpmark2.jpg
高松市では2018年4月2日より配布しています。
ヘルプマークを身につけている方を見かけたら!
💛電車・バスの中で、席を譲る!
💛駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮!
💛災害時は、安全に避難するための支援!
プロフィール

Tsukumo(月萌)

Author:Tsukumo(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村 香川県情報

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事 (サムネイル付)
撒き餌レンズで、散歩。  #たかまつ大道芸フェスタ #フォト・ラボK作品展 Oct 15, 2018
「あさひがおか病院」と、秋の桜と。 Oct 13, 2018
デッサン57「電球」   #金木犀  Oct 11, 2018
内場ダム〜湖畔散歩〜(2) Oct 09, 2018
内場ダム〜湖畔散歩〜(1) Oct 07, 2018
「オンブバッタ」って、、、 Oct 05, 2018
つばめ屋で お昼ごはん🍚   Oct 03, 2018
カテゴリ

撮影メモ
💛ブックマーク  

月別アーカイブ(2015年8月から)
「クニャン」の記事
検索フォーム