クニャン

香川県から、趣味ではじめた絵や写真での「日々の記録」です。

「母の肖像 16歳」 と コスモスの砂山

IMG_1222 20171117B



「前回のアップ」から遅々として進まなかった絵が、木のブローチに色をいれて完成に近づいてきました。
母の命日が1月18日(誕生日が1月20日)なので、それまでに何度か筆を入れて完成にしたいと思います。
アップしてみると、ダメな所がよくわかりました(^^;
(使った色は、方解末を下地に、胡粉、焦茶、肌色、紫。ブローチは紅梅、緑青など)

2階の娘の部屋で描いてると、水がないので全然進んでいませんでしたが、
先週からキッチンアトリエにしました。
絵の道具箱をキッチンの隅にドカンと置いても何の問題もない事に気が付きました(^^♪


今日の写真は、
体操のために行ってる「末ふれあい広場」で見つけた砂の山です。
この前みたのは、彼岸花(➝コチラ 「天上の花の橋」)でした。
今回はコスモスです
IMG_7448 20171116


この紫の粒は何?
IMG_7449 20171116a


広場を見回して、見つけました~(^^)/
IMG_7451 20171116a

紫式部です!

紫式部(ムラサキシキブ/コムラサキ)の花言葉は、
『愛され上手』 『上品』 『聡明』

きっとこの砂の山を作った女の子も『愛され上手』で 『上品』で 『聡明』な子だわ、
いや、男の子かも(^^♪

次回のサンドアートを見つけるのが楽しみになりました(^^)



週末は、一年に一度の学友、女三人での旅のため訪問ができなくて、コメント欄もクローズしております。
今回は大阪、徳島、香川から滋賀県大津市の堅田駅で待ち合わせ、
佐川美術館から彦根、近江八幡に行こうかなと思っています
どうぞよろしくお願いいたします♪




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます!
バナーは玉藻城であった全国いけばな展から「リンドウ」
記事の色のバランスをみて選択しました。
インスタをしてるカメラ女子は、アルバムで並ぶサムネイル画像の色彩バランまで考えて写真を選ぶそうです!
真似してみました(^^♪

関連記事

大輪のダリア園

IMG_329820171015.jpg
撮影日時 2017/11/05 9:01:32



11月のはじめ、デッサン教室の友人からの着信は「仏生山公園のダリアが見ごろです!」

さっそく、毎日1枚の写真を500px(アクティブユーザ数世界一の写真投稿SNS)にアップしている写真友達と行ってきました!

仏生山公園は仏生山町法然寺のすぐ南側に位置し、歴史と自然が調和した緑の親水 空間で散策とスポーツが楽しめる公園です。
とても広い公園で、池のまわりをぐるっと歩いて、ダリア園に到着しました(^^♪

仏生山公園のHPにも「10月から中に下りて間近でお花を楽しめるようになりました☆ 写真撮影自由です。」とあります!
150種 250本超のカラフルなダリアが咲き誇っています♪


↓ダリアさん達も 『今日はたくさんの人がきてるね♪』って話してるかな(^^)
IMG_3311 20171015



ダリアのイメージを超える大輪のダリアがいっぱいです!
大きいものでは直径30センチ以上あります。
今回は品種名もなんとかメモに撮ってきました~(^^)/

↓「迎春」
IMG_3303 20171015

↓「大和なでしこ」
IMG_3317 20171015

↓「ロイヤルクイーン」
IMG_3345 20171015


ポンポンみたいな子の名前は、???m(__)m
IMG_3359 20171015


爽やかな青空のもと、子供たちの声も聞こえてきます♪
IMG_3393 20171015


ダリア園は、11月末頃まで楽しめるそうです。
記事はギリギリセーフになりました(^^♪


IMG_3322 20171115
ダリアの花言葉は、「華麗」、 「優雅」、「 気品」、「威厳」、「感謝」

ほかに「裏切り」と「移り気」という、イメージのよくない言葉があるので、
ダリアの花を贈るときには「感謝」の言葉を添えるといいそうですよ




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます
バナーは公園から見える「法然寺の五重の塔」
浄土真宗の開祖、親鸞(親鸞)の師匠として知られる法然(ほうねん)。平安から鎌倉にかけて活躍した法然は、「南無阿弥陀仏」と唱えれば誰でも天国にいけると解いた人物で、後鳥羽上皇の命により香川県に流罪となりました。のちに初代讃岐藩主である松平頼重が、彼を偲ぶ「法然寺」を建立しました。

関連記事

2017年大窪寺の紅葉♪

IMG_345620171012R.jpg
Photo(1)撮影日時 2017/11/11 8:06:43



久しぶりのNHKカルチャー植村教室 土曜日組(➝こちら)の撮影実習は、秋定番の大窪寺です。
先生の注意は、
お遍路さんのじゃまにならないようにすること。
本堂の参道には三脚をたてないように!
風があるので、揺れてる紅葉を捉えてもいいい、、、etc.

大窪寺(おおくぼじ)は、香川県さぬき市にある寺院。医王山(いおうざん)遍照光院(へんじょうこういん)大窪寺と号する。本尊は薬師如来。宗派は真言宗大覚寺派。
四国八十八箇所霊場の第八十八番札所であり、納経印は「結願所」(けちがんしょ)となっている。
寺伝によれば、奈良時代の養老年間(717年 - 724年)に行基がこの地を訪れたとき悪夢を感得し草庵を建て修行をしたのが開基とされ、弘仁年間 (810 - 823) に唐から帰朝した空海(弘法大師)が現在の奥の院にある岩窟で虚空蔵求聞持法を修し、谷間の窪地に堂宇を建て等身大の薬師如来坐像を刻んで安置し、また恵果阿闍梨から授かった三国伝来の錫杖を納めて、窪地にちなみ「大窪寺」と名付けたとされている。(Wikipediaから)


実習では集合時間だけ確認して、それぞれ我が道を行きます(笑)

↓(2)定番から♪ (残念ながら待ってもお遍路さんがきません(''_''))
IMG_346020171012Rb.jpg


↓(3)定番の2「二天門」♪  私が撮るのははじめてかな~屋根の紅葉が面白かったので入れました。
IMG_347020171012R.jpg


↓(4)団体のお遍路さんが来られましたが、笠をかぶった方はほとんどいませんでした。
IMG_347720171012R.jpg

↓(5)本堂をバックに集合写真。結願でしょうか、おめでとうございます!
IMG_348320171012R.jpg


↓(6)本堂の銀杏は終わっていました。
IMG_349720171012R.jpg


↓(7)紅葉はピークです♪
IMG_350120171012R.jpg
↓(8)
IMG_354620171012R.jpg


↓(9)落ち葉も美しく♪
IMG_750220171012R.jpg


↓(10)最後に課題の揺れた紅葉を撮って終了!
IMG_353020171012Ra.jpg


実習の終わりは、門前の「八十八庵」で打ち上げ♪
11時集合を30分早めたにもかかわらず、店内は行列ができていました!
↓「八十八庵」の名物、打ち込みうどんです。コシのある麺で、味噌仕立て、里芋や豚肉などが入っています。
IMG_E11542017.jpg
これで一人前♪(850円)
美味しくて、おなかがおきます♪(「おなかがおきる」というのは讃岐弁らしく、満腹になることです)


実習では超上級者の先輩がEOS6Dを持っていたので、
「うわぁ~今日は6Dですね!」と声をかけると、
即、「mark Ⅱです」と切り返しがありました(^^;
バリアングル液晶モニタが便利だそうです。
いいな~


紅葉は今がピークです



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます

関連記事

【写団『北極星』 第4回写真展】から

IMG_116720171111リサイズ
左2作品の撮影者:須田隆司



大窪寺での撮影実習の帰り、
◆【写団『北極星』 第4回写真展】に行ってきました。
201711北極星
DM:「金ボタル 舞う!」  撮影地:岡山県新見市  撮影者:住田正二三



写団『北極星』は日没から日の出前までの夜の情景を撮影する会です。
香川を中心に愛媛、徳島、岡山県の写真愛好家で構成されています。
愛媛のお二人(長谷由美さん、柴崎静雄さん)は月刊誌フォトコンの上級者の部で年度1位、2位を受賞されました。

IMG_1178.jpg



撮影の了解をいただきましたので、
知人の作品をお届けしますね♪

↓「魅惑の夜」  撮影地:高松市  撮影者:藤岡恒夫(➝ブログ
 『映画の一場面を想像しながら 撮りました』
IMG_116520171111リサイズ


↓「星降る竹田城」  撮影地:兵庫県朝来市  撮影者:冨田則男
 『ライトアップされた竹田城と星をコンポジット撮影』
IMG_116820171111リサイズ


↓「As time goes by」  撮影地:岡山県  撮影者:高本 晃
 『時の流れのままに』
IMG_116220171111リサイズ



↓「夜桜ロード」  撮影地:愛媛県四国中央市  撮影者:松本省五(➝ブログ
 『桜をスポットライトで照らし 車を走らせて撮影しました』
IMG_115920171111リサイズ



ちょっと珍しく参考になるものを、
会期前に住田さんから「写真展 申込書」をみせていただきました(^^)/
L版の写真を貼付し、タイトル、撮影地、撮影者、コメントを書きこんでいす。

↓「夕焼雲」  撮影地:香川県三木町  撮影者:住田正二さん
IMG_118020171111リサイズ
きれいな作品画像は「六遊会のブログ」➝コチラでご覧くださいませ。


↓作品一覧表(クリックで拡大します)
IMG_20171111_0001.jpg

超ハイレベルな作品が並んでいます(^^♪


会期:11/7(火)~11/19(日)
会場:さぬき市:21世紀館さんがわ(月曜休み)

お近くの方は ぜひご覧ください




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます
次回記事の予告バナーは大窪寺の紅葉です♪

関連記事

月映(つくはえ)

IMG_749420171108.jpg
撮影日時 2017/11/05 19:18:26



秋は《月》が綺麗ですね。

空気中の水蒸気が少ない秋は、空気が澄んでいて、月明かりがはっきりと夜空に映るのだそうです。

ここ数日《月》に繋がることがつづきました。


1年前だったか図書館で借りたものの、自分の不注意でなくしてしまい、新しく購入して弁償の手続きをして返却。
その後、ベットと壁の間におちていた「一枚の絵」をみつけ、そのまま私の書棚にありました。

先日、なんとなくその本を開いて、『月映展』の記事を読みました。
もちろんそれまで、『月映(つくはえ)』の意味さえしりません。

 1914年9月、 三人の美術学生によって60ページたらずの冊子が世に送り出されました。田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎、それぞれが刻んだ木版画と彼らの詩をまとめた「詩と版画の雑誌」、『月映(つくはえ)』です。
 大正初期、文芸誌『白樺』などで日本でも紹介されるようになっていたムンクやゴッホをはじめとする西洋美術の動向を敏感に受容しつつ、病に苛まれ文字通り命を刻むようにして木版画の制作を続けた田中恭吉(1892-1915)。田中の存在に触発されて美しい友情を交わしながら、生と死への深い内省から作品を生み出した藤森静雄(1891-1943)。そして日本で最も早く抽象表現へと進んだ恩地孝四郎(1891-1955)。彼ら三人によって生み出された『月映』は近代日本美術史においても希有な珠玉の作品集となりました。



《病に苛まれ文字通り命を刻むようにして木版画の制作を続けた田中恭吉》って、

どこかで聞いた名前だけど、、、

そうだ!萩原朔太郎の詩集『月に吠える』
同じ書棚には友人から贈られた『月に吠える』の復刻版があります。
みるとその装丁が田中恭吉と恩地孝四郎です。

↓表紙:「われひらく」恩地孝四郎
IMG_114620171109.jpg

↓挿絵「こもるみのむし」田中恭吉
IMG_114720171109.jpg


秋の夜、神経が伝達していくように、僅かな知識が、繋がっていきました。



つき‐ばえ【月映え】の意味は、
「月の光に照らされて、いっそう美しくはえて見えること。」


自らでは光ることのない、儚げな「月の光」というのは、心にしみます。
三人の美術学生はどういう気持ちで雑誌の名前を『月映(つくはえ)』にしたのでしょうね、、、


よい写真を添えたかったのですが、初めて北山(さぬき市津田)に行って撮った写真は撃沈しました
この日の、月の出時刻 17時51分 
IMG_342320171108.jpg
カメラ機種名 Canon EOS 6D
撮影日時 2017/11/05 18:20:31
撮影モード バルブ撮影
Tv(シャッター速度) 3211.9(53分53秒)
Av(絞り数値) 11
ISO感度 100
焦点距離 35.0mm

設定は自分で考え、何度も通って試すしかないようです。
どのくらい高くなるのわからなかったので上がひろいです(^^;


↓昇り始めの赤い月(地上近くではチリなどに光が乱反射するので波長の長い赤い光)
DSCN236720171108.jpg
カメラ機種名 COOLPIX P610
撮影日時 2017/11/05 18:28:29
Tv (シャッター速度) 1/20(手持ち)
Av (絞り数値) 5.6



写真は失敗だったけど、
この夜の月を10人くらいでワクワクしながら一緒に観て、楽しいお月見になりました(^^♪

帰り際、あまりに月光が綺麗だったので小さいカメラで撮ったのが冒頭の写真です。


2017年、最大の満月は12月4日(月曜)だそうです。
この日は、カメラを持たなくても、ぜひ心のシャッターをきってくださいね♪

今日の写真は失敗写真でごめんなさいm(__)m


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます
蛇足ですが、私のハンドル名「月萌」も
私の誕生月が11月なので、《月》のつく名前にしました(^^♪

関連記事

デッサンLesson 33「玉子と炭」 & 旧多和小学校の大銀杏

IMG_342820171104a.jpg

香川県三木町にあるサンサン館みきのデッサン教室の120分(ホームページは➡こちら)
今回は「玉子と炭」
白と黒がテーマです
IMG_112820171107a.jpg



先生 「白いものは白く! 黒い中でも、いろんな黒があるのをよく見て!」


ずっと見てると目が慣れて、色や影が見えなくなりますが、
絵からちょっと離れたりしてから、再度みると見えるようになりました。


12分の人物クロッキーは、もう一人の新しく入られたKMさん
IMG_112920171107a.jpg



今回の写真は、「旧多和小学校の大銀杏」です。

仕事帰りに校舎から
この校舎は天体望遠鏡博物館に再利用されています♪
IMG_343320171107.jpg
撮影日時 2017/11/07


駐車場のよこに銀杏の樹があります。
IMG_343520171107.jpg


光もなく、葉は大分傷んでいたので
広角で思いきり寄って、あおって撮ってみました!
IMG_344420171107a.jpg

IMG_344120171107a.jpg


今年の銀杏はもうおわりみたいです。
何枚かネットにひっかかっていました。(盛り付けではありませんよ。念のためww)
IMG_345020171107a.jpg


銀杏の花 言葉は「鎮魂」「長寿」「しとやか」「荘厳」
花の開花時期は4月頃
そういえば花は見たことがないです
ネットで検索するとありました➝コチラ
「幸福をよぶ銀杏の花」なんだそうです!
また楽しみが増えました~(^^♪


少し前のきれいな黄色い絨毯は
ブロ友さん達の素敵な写真でどうぞ♪
カワノエさん➝コチラ
カワイさん➝コチラ




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます

関連記事

いつもと違う花撮りたいな~ 「園芸総合センター」から

IMG_734220171104.jpg
撮影日時 2017/11/01 14:40:50


ブロ友さんたちの綺麗な花に刺激されて、
久しぶりに園芸総合センター(➝コチラ)に行ってきました♪

香川県農業試験場の「園芸総合センター」です。
前回:2016年3月➝コチラ

今回の撮影は、いつもの花の写真から一歩踏み出したいなぁ~と思って臨みました。

いつもの感じ(^^)
IMG_323420171104.jpg

IMG_734620171104.jpg


一歩近づいて、
↓最初は絞り2.8だけで撮ってましたが、
「絞りを3回くらいは変えて撮って!」という先輩の言葉で絞ってF11で撮ると綺麗な玉ボケがでました♪ 
IMG_740920171104.jpg

↓ハイビスカスを真正面から
IMG_735920171104.jpg

↓ガーベラを真横から
IMG_743320171104.jpg

↓ハナアナナスと書いてましたが見間違えてるかもです(-_-;)
EXILEのロールダンスにみえませんか? こんなのです➝コチラ 
IMG_736120171104.jpg

↓先輩が持参の黒い板を背景に(^^♪ 
IMG_741820171104.jpg


あっという間に待ち合わせの2時間がすぎました。
いつ来ても楽しい園芸総合センターは入園無料で駐車場もあります♪


IMG_744420171104.jpg


また来よう~
今度は花の名前をしっかり記録しておきますね(^^;



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます
園芸センター駐車場の横のハナミズキに、かわいい実を見つけました♪


関連記事

カフェ・セゾン「第4回 風景写真展」から

IMG_110220171102.jpg
作品左から: 植村好治「秋渓」 、氏家圭三「秋の影」、木村力「惜秋」



【第4回 風景写真展】に行ってきました。
sezonn201711.jpg
DM作品:「湖畔の彩り」  撮影地:長野県玉滝村  撮影者:松本省五



香川県内の風景写真愛好家21名による写真展です。(撮影掲載のご了解いただきました)
IMG_110320171102.jpg

201711セゾン風景写真展IMG_20171101_0002


知人の作品をお届けします(^^)/

↓「秋冷の夕刻」  撮影地:福島県裏磐梯  撮影者:住田正二三
IMG_110020171102.jpg

↓「行く春のワルツ」  撮影地:兵庫県朝来市  撮影者:冨田則雄
tomita sannIMG_1099_edited-1


会期:11/1(水)~11/30(木)
出展者のお名前でどれくらいすごい作品展かわかるようになりました(^^)
どの作品も超ハイレベルです!
お近くの方はぜひ、さぬき市:カフェ・セゾン(定休日:月・火曜)(地図➝コチラ)に足をお運びください



姉が高松で写真ギャラリーカフェをしていた時、ギャラリーカフェの先輩としてセゾン(ブログ➝コチラ)のオーナーは、損得なしに姉の力になってくださっていました。
拙いブログですが、感謝の気持ちを込めて作品展の度にご紹介をさせていただいています(^^)/




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます
バナーは「香川県総合園芸センター」から
ブロ友さんの素敵な花の写真から刺激を受け、行ってきました。
その写真は次回に! 
初めて、「予告バナー」にしてみました(^^♪

関連記事

11月は、、、カメラと紅葉の日々♪


IMG_605520171029a.jpg
撮影日時 2016/11/12 9:48:54



10月の撮影実習(男木島)が台風で流れ、
11月の教室は2回とも撮影実習(紅葉の栗林公園と大窪寺)になりました。
よい写真展も目白押しで、
カメラと紅葉の日々です♪

最近よく休館日に行ってしまうので、11月のイベント表をつくってみました(;^_^・・・
11月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
作品展名 開催地
風景写真展 さぬき市                                                            
写団「北極星」 さぬき市                                                            
谷澤晃 写真展 庵治町                                                            
三上栄治洋画展 高松市                                                            
上田敦子作陶展 高松市                                                            
四国新聞文化教室写真展 庵治町                                                            
サークル・フォ兎 写真展 高松市                                                            
清水邦計写真展 高松市                                                            



敬称は略させていただきました。
◆【第4回 風景写真展】
カフェ・セゾンの企画展です。氏家圭三さん、植村好治さん(私の先生)、そうそうたる風景写真家が一同にそろっています。もちろんオーナー松本省五さんの作品も並びます。

◆【写団『北極星』 第4回写真展】
写団「北極星」とは香川、愛媛、徳島、岡山県の会員で構成する夜の情景を撮影するグループです。写団「北極星」会員から今年度月刊誌フォトコンの上級者の部1位2位受賞者がでています。

◆【谷澤晃 写真展】
谷澤さんは数々のフォトコンテストに入賞され、ニッコールクラブ高松支部の代表として後進の指導にもあたられています。先日は二科展に入選されています♪ お会いするたび気さくにいろんなことを教えてくださいます。

◆【三上栄治洋画展】
三上さんは公募展に多数入賞され(第62回二科展:入選、1981年 知事賞など)、洋画教室で指導もされています。ブログをみつけました➝コチラです。義兄と同じ、もと郵便局員で姉家族と同じ官舎に住み親しくさせていただいていたそうです♪

◆【上田敦子作陶展】
写真教室のクラスメート「美術工芸おがわ」さんからのご案内です。
上田敦子さんは愛知県立芸術大学で陶芸を学んだ後、15年前に地元徳島で築窯し、陶芸家として活躍され、鉄絵を中心に、黒、伊羅保、灰釉等、自然灰を調合した作品約100点が並ぶそうです。

◆【四国新聞文化教室 合同写真展】
講師 大津桂子さんの受講生による写真展です。友達が出展しています(^^♪

◆【サークル・フォ兎 第7回写真展】
森田裕さん(教室➝こちらこちら)、宮本安紀子さんが出展しています♪

◆【清水邦計写真展 ~冬の旅情~】
清水邦計さんの個展! 私はずっと清水さんの写真の大ファンです♪ 今年のJPS展(プロの写真家 日本写真家協会が主催する公募展)にも入選されています。


解説は私的なものなので、偏りはお許しを(^^;

お近く(香川県)の方は、スケジュール手帳とにらめっこしてくださいね(^^)



IMG_605720171029a.jpg

今日の画像は昨年のさぬき市大窪寺の紅葉です。

今年の紅葉も頑張って撮ってきたいとおもいます(^^)/



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます

関連記事

はじめてのNDフィルター「塩江の不動の滝」

IMG_700920171028.jpg
撮影日時 2017/10/08 9:08:30



10月も今日でおわりですね。
今月、あばれ神輿(➝)、赤いソバの花(➝)、塩江美術館(➝)と書いてきた記事ですが、
実は10月8日に一番最初に行ったのが「不動の滝」です♪

写真友達と、塩江美術館まで行くなら、不動の滝に寄ろうという話になりました。
滝を撮って、その後赤いソバの花を偶然みて、塩江美術館に行き、有名な谷岡食堂の甘い豆が入った昔ながらのキツネ寿司を買い、あばれ神輿へと、この日は一日中撮影を楽しんだのでした(^^♪


10月最期の記事は、一番最初に向かった「不動の滝」です。(➝地図
IMG_232620171028.jpg

弘法大師の修行中に不動明王が現れたという伝説に由来した滝。
高さは約40mあり、その形状から五重の滝ともいわれています。
IMG_229520171030.jpg

春は山桜、初夏は若葉、秋は紅葉
10月初旬ではちょっとね、、、絵になりませんでした(^^;

で、早く撮ったり、
IMG_700520171028.jpg
Tv(シャッター速度) 1/320

スローで撮ったりと(^^)
スローにすると「白トビしてる」とつぶやくと、先輩が予備のNDフィルターを貸してくださいました。
IMG_230020171028.jpg
Tv(シャッター速度) 1/4  Av(絞り数値) 16  ISO感度 100



紅葉の季節に来れば、滝つぼでクルクル回る葉っぱも撮れそうです♪


自習:
水流をスローシャッターで表現する撮影にはNDフィルターが欠かせません。
NDフィルターはグレーのフィルターで、レンズに入る光の量を減らすことができます。NDとは、Neutral Density(ニュートラル・デンシティー)の略で、直訳すると「中立な濃度」という意味です。発色に影響を与えることなく、光量を減らすのがNDフィルターです。
引用➝

NDフィルターはというと、アマゾンでみたら価格の安いものだと1000円台から4万円以上のものも(@_@)
どうしよう、、、




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
ありがとうございます
今日はハロウィン
今年、娘はカオナシ(「千と千尋の神隠し」にでてた)の仮装なんだとか(^^;
不動明王とハロウィンがなかよく共存する世界って平和でいいね(^^)/

関連記事

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

日めくりカレンダ


作品展のご案内

詳細は【作品展名】をクリックしてご覧ください

◆【谷澤晃 写真展】
会期:11/15(水)~11/29(水)
会場:高松市「庵治・観光交流館市民ギャラリー」火曜休み
IMG_20171001_0002.jpg
◆【サークル・フォ兎 第7回写真展】
会期:11/13(月)~11/19(日)
会場:高松市:Gallery VOLANTE ボランチ
サークルフォトIMG_20171101_0005
◆【写団『北極星』 第4回写真展】
会期:11/7(火)~11/19(日)
会場:さぬき市:21世紀館さんがわ(月曜休み)
201711北極星
◆【第4回 風景写真展】
会期:11/1(水)~11/30(木)
会場:さぬき市:カフェ・セゾン(定休日:月・火曜)
sezonn201711.jpg


◆【清水邦計写真展 ~冬の旅情~】
会期:11/28(火)~12/24(日)
会場:高松市「アート・プラザ」(定休日:月曜、第1・3日曜)
清水さんIMG_20171101_0003
◆【三上栄治洋画展】
会期:11/28(火)~12/3(日)
会場:「高松市美術館」
IMG_20170929_0001.jpg
◆【第15回SIC写真展】
会期:12/5(火)~12/10(日)
会場:さぬき市:21世紀館さんがわ

◆【高橋フクエ日本画個展】
会期:12/12(火)~12/17(日)
会場:「高松市美術館」

◆【香川県美術家協会創立50周年記念展】
会期:12/12(火)~12/17(日)
会場:香川県立ミュージアム「高松市美術館」

敬称略、ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。

迷い犬・猫情報、里親募集!

プロフィール

つくも(月萌)

Author:つくも(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします

 
にほんブログ村 絵画
にほんブログ村 写真

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事一覧

「母の肖像 16歳」 と コスモスの砂山 Nov 18, 2017
大輪のダリア園 Nov 16, 2017
2017年大窪寺の紅葉♪ Nov 14, 2017
【写団『北極星』 第4回写真展】から Nov 12, 2017
月映(つくはえ) Nov 10, 2017
デッサンLesson 33「玉子と炭」 & 旧多和小学校の大銀杏 Nov 08, 2017
いつもと違う花撮りたいな~ 「園芸総合センター」から Nov 06, 2017

カテゴリ

日本画 (17)
素描 (73)
写真日記 (145)
撮影実習 (19)
みろく自然公園 (3)
写真展から (35)
小さな旅 (20)
作品展のご案内 (31)
香川写好クラブ (2)
お姉ちゃんからの元気通信 (9)
Shall We 彫刻・絵画・写真作品展 (2)
ささやかな思い出 (3)
テーブルフォト (1)
読書ノート (7)
未分類 (18)

このブログの記事画像

日の出・日の入り・月齢

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

💛ブックマーク  


このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ(2015年8月から)

作品展ご案内の履歴

検索フォーム

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん