〜bossの作品とTsukumoとidemo〜 UK-6写真展(4)  #瀬戸大橋開通30周年

はじめに、大阪北部地震の被害に際し、心よりお見舞いを申し上げます。


IMG_958820180618.jpg
瀬戸大橋開通30周年を記念して
Commemorating the 30th anniversary of the opening of the Seto Ohashi Bridge
세토 대교 개통 30 주년을 기념하여
纪念濑户大桥开幕30周年
Yoshiharu Uemura

Pro Photografer



UK-6-0.jpgNHKカルチャー写真教室(講師:植村好治先生)の 「香川写好クラブ」土曜日組(→コチラ)から、4年生の5人とリーダー(Gyenn、Sonyadora、Tsukumo、Gachan、Taketombo-、Photonobo)が結集しました♪
グループの名前は「UK-6」。 はじめての「UK-6写真展」がはじまりました♪




トップ画像は、今回の写真展に賛助出品してくださった植村好治先生の作品「瀬戸大橋開通30周年を記念して」です。
組み写真はどちらもフィルムでの撮影です。
上の作品は、橋の上を歩いて渡る開通イベントです。橋の真ん中は通常入れないのですがお願いして入って橋の真ん中から撮られたそうです!
下の作品もフィルムでの撮影。デジタルなら簡単な長時間露光ですが、先輩の話ではフィルムでこの色は出すのは至難の技みたいです。
(お詫び:光の映り込みをさける為、斜めでの撮影になっています。ごめんなさい。)

瀬戸大橋は、本州と四国を結ぶ橋として昭和63年(1988年)4月10日に開通しました。

1978年の着工から9年6カ月を経て1988年4月10日供用開始され、総事業費はおよそ1兆1338億円である。
塩飽諸島の5つの島の間に架かる6つの橋梁と、それらを結ぶ高架橋により構成されており、橋梁部9,368メートル (m) 、高架部を含めると13.1キロメートル (km) の延長を持つ。日本ではそれぞれ単独の橋とみなされる連続する10の橋を合わせた合計の長さは、鉄道道路併用橋としては世界最長で、瀬戸大橋は「世界一長い鉄道道路併用橋」としてギネスブックにも認定されている。橋梁は吊り橋・斜張橋・トラス橋の3種類を併設。(引用:コチラ





来場された方へ記念にと、お気に入りの一枚があればプレゼントしている2L写真でも「瀬戸大橋」は大人気です♪
この2L写真は毎月の教室で5枚提出しているメンバーお気に入りの写真です。
IMG_2714.jpg
↑撮影:idemo(Tsukumoの娘です。ゲームをするときの名前だとか。どことなく似た名前です(^^)/ )




シリーズでご紹介させていただいている、
Sonyadoraさん作成のとっても素敵な「メンバー紹介カードの第4回」は、Tsukumoです。

第1回: boss と Gachan →コチラ
第2回: Gyenn と Photonobo →コチラ
第3回: SonyadoraとTaketombo- →コチラ


Tsukumo1.jpg


土曜教室の撮影実習では、週末だけにある瀬戸大橋のライトアップをよく撮りにいきます。
この橋ができたのは、昭和30年に起きた、修学旅行生を乗せた 国鉄連絡船紫雲丸の「紫雲丸事故」がきっかけです。この事故で小学生など168名が亡くなりました。

冒頭の先生の作品を見たとき、夢の橋ができた喜びにあふれ、橋を歩く人々の笑顔と歓声が聞こえるようでした。
橋ができて30年、私たちの思いとは逆に、四国から本州へと人が出ていき、高松も、橋のある坂出もむしろ衰退していったような気がします。
でも経済的に潤うことだけが夢ではなかったはずです。
この橋が、渡る人々それぞれの、悲しみを癒し、夢や希望を運んでいるはずだから、、、



私の瀬戸大橋3景です。
IMG_336920180618B.jpg

IMG_444120180618.jpg

IMG_504320180618.jpg
↑橋の上を走る列車の光の帯がみえますか?



メンバー紹介は、今回で終わりです。
週末の会期に合わせ、週末にアップする予定でしたが、会期もあと3日なので早くアップたほうがいいというメンバーの声があり、急いでアップしました(^^)
私たちの夢のような時間もあと少しです、、、




にほんブログ村に参加しています!↓応援の1クリックをお願いします(^^)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
関連記事



直島を歩く 〜李禹煥美術館、地中美術館〜


李禹煥美術館




「UK-6写真展」当番の間に、絵を描かれている地元のケンちゃんが、どちらも行ったことのない私たちを
二つの美術館に案内してくださいました。

<李禹煥美術館と、地中美術館>



李禹煥(リ・ウーファン、1936年 - )は大韓民国慶尚南道に生まれ、日本を拠点に世界的に活動している美術家です。
日本の現代美術の大きな動向である「もの派」を理論的に主導したことで有名なんだそうです。(ウィキペディアから)


李禹煥(リ・ウーファン)美術館は国際的評価の高いアーティスト・李禹煥と建築家・安藤忠雄のコラボレーションによる美術館です。

安藤忠雄だなっていう感じのコンクリートの階段を「よっこらしょ」と降りていくと、
IMG_953320180615.jpg

「石」が見えてきました!作品「柱の広場」の石です。
IMG_952920180615.jpg

IMG_954920180615.jpg

IMG_954020180615.jpg


「瞑想の部屋」には作品「対話」(壁にアクリル絵具)があり、
靴を脱ぎフローリングの部屋に入ると、そこには「対話」と題した3つの絵があります。作品の前に座ったり、寝転がったり、静かに作品と共に時間を過ごします。
せっかくなので三人は座ってしばし瞑想しました(^^)/ (よくわからないけど穏やかな気持ちになれました)
 
ケンちゃんは「先生(ケンちゃの絵の先生)は作品を見て、涙があふれたと言ったが、俺にはわからん。」
展示場をでて、入り口に立って案内をしている若いスタッフさんに
「君はわかるんですか? どうしてここで働いてるの? 美術の勉強してるの?」と聞きました。

若い小柄な女性の美術館スタッフさんは、
消え入りそうなちいさな声で、ゆっくりと言葉をさがすように答えてくれました。

「武蔵美で建築の勉強をしました。
何度も通っていると、その度ちがってみえます。
ここにはまだ私が学ぶものがあると思い、ここで仕事をすることにしました。

(ケンちゃんに)次にみると今日とは違ってみえると思いますので、また来てみてください。」

と、とても真摯な応対にちょっと感動しました。

「ここで働くこと」というのが気になり、調べると、アルバイトスタッフ募集サイト(→こちら)を見つけました。
スタッフは語学が堪能な若い方が多かったです。美術を学ぶために働きにこられているようでした。

パンフレットも著作権にふれるといけないので作品は美術館のHP(→コチラ)でごらんください。



地中美術館へ
IMG_955820180615.jpg


地中美術館は、瀬戸内の美しい景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設され、館内には、クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が安藤忠雄設計の建物に恒久設置されています。

↓撮影可なのはこの塀のみ"(-""-)" 美術館までのアプローチもダメでした。 (コチラ)でどうぞ。 IMG_951020180615.jpg

外の花を撮って帰りました。
IMG_950320180615.jpg



↓写真展会場がある本村
IMG_944320180615.jpg


今日は写真展の当番です。行ってきます!


(「UK-6」記録係から追記)
6/16(土)の来場者は128名
6/17(日)の来場者は175名(嶋屋さんでの最高記録だそうです。)
海外からは、フランス、ニューヨーク、カルフォルニア、カナダなど。大きなカメラを持った日本女性はプロのカメラマン、ニューヨークの方からは名刺までいただきました。美術史と映像の教授でした。高評価をいただき感謝しています。
Taketonbo-さんの作品「夕陽と橋上の列車」(→コチラ)はベルギーの方が購入されました。(会期途中ですが遠方のため即日引き渡しています。観に来られる方、ごめんなさい。)

会期6日間の来場者は804名になりました!




にほんブログ村に参加しています!↓応援の1クリックをお願いします(^^)
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
本村の町中でみつけた「一窓ギャラリー」 アートが島民に根づいているんですね!
 
関連記事



〜SonyadoraとTaketombo-〜 UK-6写真展(4) <#家プロジェクト #山本忠司 #直島>

IMG_941320180611A2.jpg
撮影日時:2018/06/09 9:07:54 「直島上陸」



UK-6-0.jpgNHKカルチャー写真教室(講師:植村好治先生)の 「香川写好クラブ」土曜日組(→コチラ)から、4年生の5人とリーダー(Gyenn、Sonyadora、Tsukumo、Gachan、Taketombo-、Photonobo)が結集しました♪
グループの名前は「UK-6」。 はじめての「UK-6写真展」がはじまりました♪





6月9日(土)の当番の合間に、嶋屋さんがある本村の町を歩きました。
コラージュ台紙 - コピー - コピー201806122116


直島・本村地区では「家プロジェクト」(→コチラ)というアートプロジェクトが展開されています。
「角屋」(1998年)に始まったこのプロジェクトは、現在、「角屋」「南寺」「きんざ」「護王神社」「石橋」「碁会所」「はいしゃ」の7軒が公開されています。点在していた空き家などを改修し、人が住んでいた頃の時間と記憶を織り込みながら、空間そのものをアーティストが作品化しています。
嶋屋さんの地図3-家プロジェクト
地図:Googleマップ2018/06/12


↓家プロジェクト:「角屋」 (内部の撮影不可 ここまでは撮ってもいいですと言われた場所です。建物の中は、水と光の作品を囲む木の床、、、想像してみてください(^^)))
IMG_947620180611A3.jpg
200年ほど前に建てられた家屋を、漆喰仕上げ、焼板、本瓦を使った元の姿に修復しています。
修復監修した建築家・山本忠司(→コチラ)は、さぬき市志度に生まれ、県庁職員として数々の設計を担当しました。代表作には「瀬戸内海歴史民俗資料館」、「喫茶・城の眼」などがあります。
宮島達男の3作品のうち「Sea of Time '98」では、直島町の人々が制作に参加しています。
現代アートが地域や島民の生活に介在する契機にもなった作品です。



↓ 家プロジェクト:「碁会所」の入り口 (内部の撮影不可)
IMG_947020180611.jpg
「碁会所」という名称は、昔、碁を打つ場所として島の人々が集まっていたことに由来。建物全体を作品空間として須田悦弘が手がけ、内部には 速水御舟の「名樹散椿」から着想を得てつくられた作品「椿」が展示されています。(椿は木工です)



↓ 家プロジェクト:「南寺」の入り口 (内部の撮影不可)
IMG_948420180611B.jpg
ジェームズ・タレルの作品のサイズにあわせ、安藤忠雄が設計を担当。
中は「完全なる暗闇」
あーでもこの「完全なる暗闇」の世界は、善通寺の戒壇めぐり(→コチラ)で私は経験済みです(^^)


↓ANDO MUSEUM
IMG_947820180611B.jpg


町中の写真はたくさん撮りましたが、今回の記事はここまでに♪





シリーズでご紹介させていただいている、
Sonyadoraさん作成のとっても素敵な「メンバー紹介カードの第3回」は、
SonyadoraとTaketombo-

第1回: boss と Gachan →コチラ
第2回: Gyenn と Photonobo →コチラ

↓Sonyadora (鉛筆画、「500px」しています。)写真展の主宰として、大車輪の活躍!
Sonyadora1.jpg


↓Taketombo- (撮り鉄、駅舎が大好きです。)教室のリーダー。その飾らない人柄に、いつの間にやら嶋屋さんの管理をしている嶋屋レディース(約5名?)の人気者になっていました♪

Taketonbo-1.jpg



写真展3日目には可愛いお客様が来られました。(遠いところ、ありがとう!)
IMG_943220180608A.jpg

直島にお嫁に来た娘のお友達からは、「宮之浦のクッキー」!(はじめてたべた魚のクッキー♪美味しかったです。ありがとう!)
IMG_964920180608A.jpg


4日目の様子はGachanとAsukaさんのブログで!
Gachan「香川 さぬき 直島 UK-6写真展」(→コチラ) I様お花ありがとうございました。
Asukaさん「立ち寄ってみたくなる写真展」(→コチラ) ご紹介ありがとうございます。


つづく



にほんブログ村に参加しています!↓応援の1クリックをお願いします(^^)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
関連記事



デッサン47「桃とオクラ」 と「雨のカンバス」  

IMG_937920180611.jpg
撮影日時:2018/06/06 8:46:37 



香川県三木町にある「サンサン館みき」でのデッサン教室の120分(ホームページは➡こちら)

6月1回目のモチーフは「野菜」でした。
先生が高知県香美市(→コチラ)の道の駅で買った新鮮野菜です♪
きゅうり、トマト、桃、オクラ、、、どれも美味しそうです♪

20180611192358cf3.jpeg

20180611192357b3f.jpeg


メモ
「答えはモチーフの中にある。グラデーション。反射光。見てない!!!」

脈絡のないメモで申し訳ないです(^^)




写真は「雨のカンバス」 
たまには雨にあてようと母の日のプレゼントだったカーネーションを、庭の石のテーブルに置くと、
枝が映りこんで、雨に濡れた石のテーブルがカンバスのようになっていました。

あまり外に撮影にでかけることのない私のスタジオは、自宅の小さな庭です。

毎年モデルになってくれる「カタバミ」
IMG_9381201805028.jpg
カタバミの花言葉は『輝く心』『喜び』『母の優しさ』
素敵な花言葉があるのに、
このムラサキカタバミは要注意外来生物に指定されてるのだそう。ちょっと可哀想な言い方です。


近所の風景
IMG_948620180611A3.jpg
水田のあぜ道に菖蒲が咲いていました。車をとめて撮りました。




私の行動範囲はすごく狭い。

NHKの朝ドラで、ある「ことわざ」の続きを知りました。

井の中の蛙大海を知らず されど空の深さを知る




にほんブログ村に参加しています!↓応援のワンクリックをお願いします(^^)

にほんブログ村
関連記事



写真展 「ときめき5人展 Part7」に行ってきました♪   #clover cafe

IMG_950320180608A.jpg
clover cafeにて 撮影日時:2018/06/10 12:41:39




「ときめき5人展 Part7」に行ってきました♪
IMG_20180512_0004.jpg


最近は良い写真展に行っても、レポを書く機会がすっかり少なくなっていましたが、
この写真展は、ここに残しておきたいと思いました。
というのは、「ときめき5人展」の始まりが、姉のお店であったからです。

写真ギャラリー 茶坊たがわのブログ「ときめき5人展」→コチラ
↓2012年のDM
ときめき5人展2012
お店が閉店する2016年まで毎年開催、「Part 5」までです。



Part7の会場は、「clover cafe」。
酒蔵を改装したスタイリッシュなお店のコンセプトは、「時間・空間・仲間-3つの間が集まる場所」なのだそうです♪
20180610211422082.jpeg

20180610194937455.jpeg


広瀬紀久子さんが在廊されていて、皆さんの近況や新しいサブ機EOS-M5を見せていただきました♪
EOS-M5はキャノン ミラーレスの最上位機種です。レンズは18〜150mm。(いいなぁ〜)
作品掲載のご了解もいただきました(^^)/

↓「赤の世界へ」 撮影場所:香川県  撮影者:広瀬紀久子
201806102114219a6.jpeg

DMの作品は、「二人の世界」
広瀬さんらしい、とてもあたたかな作品です。



一年ぶりにみる5人の作品は、それぞれの個性が際立って、見ごたえがありました。
2018061021441818d.jpeg
↑クリックで拡大します


お近くの方は、素晴らしい作品をぜひ直にごらんください!

【ときめき5人展 Part7 】
会期:6/1(金)~6/15(金)
会場:高松市円座町「clover cafe」




にほんブログ村に参加しています!↓応援の1クリックをお願いします(^^)

にほんブログ村
関連記事



Information from UK-6
開催中!
■土曜・日曜のみの開催です。
6月23日、24日、30日は12時まで
UK-6-0.jpg
↑DMはクリックで拡大します!
■時間:AM10時からPM4時30分(最終日は12時まで)
■会場:ギャラリー古民家「嶋屋」
香川県香川郡直島
バスは農協前で下車すぐ。駐輪場の前
地図→コチラ
船の時刻表→コチラ
「直島観光旅サイト」からお借りしています。

↓UK-6の記録
作品展のご案内

詳細は【作品展名】or【DM画像】をクリックしてごらんください!

工芸【北岡省三 工友会】
会期:6/16(土)~8/26(日)(休館:月曜、7/17〜7/20)
会場:坂出市「かまどホール」
★デッサン教室(→コチラ)の浅野絵莉先生が出展されています

【第8回「KENの会」写真展 】
会期:6/4(月)~6/30(土)
会場:琴平町「ACTことひら」
IMG_20180602_0001.jpg

【第4回 絵夢(EMU) グループ展】
会期:6/1(金)~6/30(土)
会場:さぬき市志度 「カフェ・セゾン」 月曜・火曜は休み
20180602194420092.jpeg


  もうすぐ開催です♪   
【フォトクラブ六遊会 第6回写真展】
会期:7/1(日)~7/29(日)月曜・火曜は休み
会場:さぬき市「カフェ・セゾン」

【日本風景写真協会 創立15周年記念選抜展】
会期(会場):
7/13〜7/19(富士フィルムフォトサロン名古屋)
8/15〜8/19(郡山市)
★植村好治先生(金曜教室)(土曜教室)の作品が巡回展示されます

【氏家圭三写真展-一期一会・四季の彩-】
会期:7/24(火)~7/29(日)
会場:善通寺市美術館

【写遊会・彩 第6回写真展】
会期:7/24(火)~7/29(日)
会場:善通寺市美術館

敬称略、ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。
迷い犬・猫情報、里親募集!
ヘルプマークを知っていますか
義足、人工関節、内部障がい、難病、妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としていることを知らせるマークです。
 helpmark2.jpg
高松市では2018年4月2日より配布しています。
ヘルプマークを身につけている方を見かけたら!
💛電車・バスの中で、席を譲る!
💛駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮!
💛災害時は、安全に避難するための支援!
プロフィール

Tsukumo(月萌)

Author:Tsukumo(月萌)
クニャンというのは韓国語で「ただ、なんとなく」という意味の言葉です。絵も写真も中途半端なブログですが、よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村に参加しています(^^)/

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事一覧
〜bossの作品とTsukumoとidemo〜 UK-6写真展(4)  #瀬戸大橋開通30周年 Jun 19, 2018
直島を歩く 〜李禹煥美術館、地中美術館〜 Jun 17, 2018
〜SonyadoraとTaketombo-〜 UK-6写真展(4) <#家プロジェクト #山本忠司 #直島> Jun 14, 2018
デッサン47「桃とオクラ」 と「雨のカンバス」   Jun 12, 2018
写真展 「ときめき5人展 Part7」に行ってきました♪   #clover cafe Jun 11, 2018
〜 Gyenn と Photonobo 〜UK-6写真展(2)   <#UK77 #大竹伸朗> Jun 09, 2018
亀鶴公園の花菖蒲 Jun 07, 2018
カテゴリ
「クニャン」の記事(^^♪
月別アーカイブ(2015年8月から)
💛ブックマーク(香川の写真友達)
💛ブックマーク  

💛ブログはお休みの友達
作品展ご案内の履歴
検索フォーム